Hatena::Groupbrettspiel

alea jacta est

August 09, 2012

とりあえず(自分が使うための)キーワード空間案

user/    rw-r--r--
    mutronix/
        column/
        interest/
        plan/
game/    rw-rw-r--
    (ゲーム情報)
article/ rw-rw-r--
    (連名による記事)
word/    rw-rw-r--
    (その他の専門語)
status/  r--r--r--
    draft
    request_for_comment
    (……文書のステータスを表すときに、文書内に貼る「属性」キーワード)

rules

  • 名前の中にセパレータ「/」を使わない
  • user/[USERID]/ の下は自由にご利用ください

how to use

  • 前方一致検索=セクションの一覧
    • 検索「user/mutronix/interest」→最近の自分の興味キーワードが更新順に並ぶ
  • 個人で書く記事(いわゆる、blog entry と同等のもの)は、個人のキーワード空間の下に適当に書く。
  • 個人の記事とは別に「article/」を設けているのは、「アピール」のようなものには、URLにidを含まない形の文書が望ましいと考えたから。
    • 「和訳ルールをこんなふうに運用しましょう、という提案」みたいのとか。
    • そういうのには、ブログ=個人のIDみたいのがついてないほうがハクがつくじゃないですか。

blurb

  • 前のキーワードの名前案で、何を気にしていたのか、これを書きながら思い出していた。
    • 「実名活動が多いボードゲーム活動で、 書いた文書がidに強く紐付いているのはよろしくない」と思った。
      • まぁたとえば、実名ベースのメーリングリストで「ここ参照してください」って貼ったURIが「d.hatena.ne.jp/mutronix/」みたいなのはどうなのよ、という……。
    • それで、「サークル」「イベント」といった、もってまわったエンティティを想定したのだった。
      • 「サークル」の管理する文書であれば、mutronixが書いても、実名のなんとかさんが書いても、まぁいいかな……と
      • まぁとにかく、ブログに書くのはURLがシャバいと思ってた(これは今でも思ってるし、ほんとはwikiかCMSかやったほうがいいとも思ってる)
    • 今回の案(実際に運用するかはさておき……)では、そのへんはばっさりと「mutronix/」の下に書くように割り切って「ここ見て下さ〜い」でもいいかな、と。
    • 腐心しても、インターネット見ない人は見ないし、実名とのつながりなんて、ほっとこほっとこ、というのが、今の感覚。
      • いまどきインターネットに文書置いて「ここ見て下さい」、なんてオールドタイプだよな、という、一種のあきらめみたいなもんか。
      • みなさんのおてもちのケータイで見られなかったら、その文書はないも同然だし、そもそも今日日、メーリングリストだって満足に機能しているとは言いがたいのだ。
  • ふるきよきインターネッツは、わかりやすいURIを持ってて、ことあるごとにそのリンクが貼られてたもんだろ? っていうノスタルジー
    • 「真・技術系メーリングリストFAQ」「匿名による批判の禁止」みたいなのとか
    • そういうURIは、なんか面倒なことが起きると「まぁ、まずここ嫁」みたいに貼られていた
    • URIとは、今みたいに、ツイッターやソーシャルブックマークで取り上げられては消費されるものではなかったよね
    • URIを消費してるから、いっつまでも同じような問題のまわりをぐるぐるまわってんじゃないのか。「また無断リンク禁止問題か」またってそりゃお前が右から左にリソースを流してる以上、いくらでも現れるだろう。
    • ボードゲームをめぐる言語環境においても。
  • あるていど息の長い文章が、忘れ去られているんじゃないのか、と思うのだった。
    • あの、togetter とか。なんなのだあれは。
    • 人の食ってすてたガムの食べ殻を拾ってこねて「新しい味するヌォーン」って言ってるみたいじゃん(いきすぎた比喩)
    • しかし「みんなの寝言をtogetterで採集しても何も生まれないよ。場所使っていいからここで自分のかんがえるまとめを書きなよ」とは思いますよ。

July 26, 2012

キーワード消した/前のキーワード空間のレビュー

ひとつひとつ消すしかなかったので面倒でした。一気に消せると思ってたのですけど……キーワードに広告ついてるのだからそんな消しやすくないことは自明でした。

とくに、kubotayaさんには積極的にKW編集していただいてたのに、申し訳なかったです。

前のキーワード空間をどういうつもりで使おうとしていたのか、振り返っておきましょう。

以前のキーワードルール

  • ユーザの略称を登録して、その略称下のキーワード空間は自由に使えるようにする。
  • サークル名を登録制にして、event/サークル名/以下のキーワード空間は自由に使えるようにする
  • 日付キーワードは自由に使ってよい。
yyyy-mm-dd

game/
    xxxx
    yyyy

event/
    [circle]/
        xxxx
        yyyy

[uid(abbrev)]/
    xxxx
    yyyy

なんじゃこれは。意味がわからない。

  • 日付キーワードは、「カレンダービュー」で見ることができる(「はてなグループ」の仕様)ので、使ってみていいかなと思った。
  • サークル?
    • サークルを登録してその下でいろいろ書いていい、ってことにしたのは、「やりたいこと」っていうのは、サークル単位で保持されるもんでしょ、って言いたかったのだと思う。
    • 「[サークル名]/ブリッジ覚えたい」みたいな。
    • で、その案件に対して、「event/[サークル名]/例会第2回」みたいなイベントを立てるだろう、と。
    • 我ながら風呂敷がでかすぎる。何考えてるんだ……。

(tbd.)