Hatena::Groupbrettspiel

alea jacta est

April 15, 2007

日曜プレイログ

印象に残ったものをかいつまんで。

  • ルールの達人
  • 百科審議官
  • メディチ対ストロッチ

メディチストロッチがやはりいい…意志決定→コントロール→勝ち負けという、ドイツゲームの本道からはちょっと遠いところに来てしまった感じもいい(価格が思惑の中にしかない)。アルカディアの建設みたいな「ド」ドイツゲーの横で、寒さをかみしめながらプレイしたい。

ルールの達人

ゲーマーズゲームに入るのかも。作者の制作意図を感じて「うう…」と呻く感じが好き。ゲーマー的な目線で「面白いなぁ…」というか。

人の勝利条件と戦術が少しずつしか明かされない、かつ、それに対応するロジックが少しはある、という意味で、ドイツゲーム的には非常に明快。

しかし、プレイ中の会話が「あ、それならオレはこれしかないですね」「そうか、じゃぁこの札出せないか…残念」というものになってしまう。ファミリーゲーム的に爽快感のある会話には、なりにくいかな、というか。

いやマイナス評価なんじゃなくて、ファミリーゲーム的なものを期待した人が、変なジレンマをゲームの中に見つけて「うわーなにこれ」と思って欲しいなぁ。

あ、Supportカードばっかり出してると笑いがとれるというのはある。「まーたお前か!」的な。

4人プレイのヴァリアントで、取られなかった札が仮想プレイヤーの出した札としてフィクスされるという素敵ルールがあるとのこと。仕組み上、プレイヤーが補充した札は「次のプレイ以降で有効」なのだが、取られなかった札だけがその場で発効してしまうところが熱い感じ。

百科審議官

これは明快な3人ゲーだ…!

プレイするのにクロスがいらない=飲み屋でだらだら遊べるというのがポイント高い。色の耳付きの付箋は百均etcで買ったりして補充か。

この「耳を折ることで無属性化」というアイデアが、なかなか抜けている。誰のものでもない回答がわらわら集まっていくのは、見ていて楽しい。

ただ、人とカテゴリが被った(あるいは、集合として「含む」関係にある)場合どうするんだろうというのはある。やはり一人、レフェリーがいて、かぶってる場合には「ちょっと書き直したがよくない?」とアドバイス入れられるくらいが、いいのかも知れない。

メディチ対ストロッチ

2ステージ目あたりで、同時に始まったはずの、隣の「イスファハン」が、なぜか終わってしまった。おっ、と時計を見ると1時間以上経っている。今時間を跳躍したぞ、スカリー。最後までやるのをあきらめ中断。

2人用なのに1時間半かかるってお得だな。悩まないようになればもっと速くなるんだろうけど。

しかしこれはエロいゲーム。「メディチ」知ってる人も知らない人もやるといいですよ。価格決定ゲームのなかでもかなり重量級。

最初「え、そんな激安でいいの」とか「そんな高いもの買うわけないじゃない」という状態から、プレイングで相場勘をすりあわせていく。ということは、どちらにとっても苦渋の選択になるような価格づけに落ち着くしかないわけだ。

ラウンドが進むごとに相手プレイヤーではなく作者を呪いたくなっていく。素敵だ。

後記:「メディチ~」のルールが違っていた

後日、これまでプレイしていた「メディチ~」のルール解釈を、間違っていたことが判明。

具体的には、独占マーカの移動で、1マスごとに10点を計上していました。つまり端っこは60点という扱いで…。そりゃ独占マーカ大事になる。

正しくは「こっち側に引いていればマーカ1個につき10点」。端っこに引いても30点分の価値しかありません。

この日、1ステージ目で、マーカを3歩*2引かれてしまった場所ができてしまい、間違った解釈でプレイしていたので、実質、勝敗が決してしまったような感じで展開した。

しかし、間違いを直すと、またそうとう悩ましいゲームになりそう。独占マーカの価値に、確率的な要素が大きく絡むようになるので。

結論:予習します。