Hatena::Groupbrettspiel

Board Game Case Studies このページをアンテナに追加 RSSフィード

※当 Blog に引用された Tweet の削除を希望される場合は、お手数ですが @nemmy までご連絡ください。また、今後一切の引用を希望しない旨ご連絡頂ければ、同様に処理致します。

2010年12月29日(水)

感想戦について 21:01 感想戦について - Board Game Case Studies を含むブックマーク はてなブックマーク - 感想戦について - Board Game Case Studies 感想戦について - Board Game Case Studies のブックマークコメント

感想戦 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9F%E6%83%B3%E6%88%A6

感想戦(かんそうせん)とは、囲碁、将棋、チェス、麻雀などのゲームにおいて、対局後に開始から終局までを再現し、対局中の着手の善悪や、その局面における最善手などを検討することである。

感想戦 - Wikipedia

5.感想戦が公開処刑に


協力ゲーやプレイミスが他人へのトスになるゲームの場合に多い。

特にそのトスで不利益を被ったプレイヤーがミスをしたプレイヤーをやたら問い詰めるなんてよくある話で。

自分はミスしてないのに他人のミスで勝ちを攫われたらそりゃ納得も行かないだろうけど、そこはぐっとこらえてじゃあ自分は他に出来ることが無かったか考えるようにしたい。

聞くにしても、「あの時はこっちの方があなたにとって得だったんじゃない?」とやんわり教える位で行きたいところ。

fwtmpのブログ : 同じ卓のプレイヤーを萎えさせる5つの行動

反省会は相手を否定することであり、感想会を反省会にしないためには「絶対に相手を糾弾してはいけない」のだ。相手がプレイヤーであろうとGMであろうとだ。これがまず一行目に書かれていない限り、感想会とやらはやるべきではない。

“感想会”はやってはいけない? - びるとてぃるとのかけら

 わたしも、とあるサークルで、ゲーム後にいわれたことがあるのである。「このときどうしてこうしたの」みたいなことを。

 ああ、あれは、遠まわしになにか反省を促されていたんだなあと。

 もちろん、こういわれたら必ずそうだということではなくて。むしろ、もちろん、そうでないことのほうが多い。純粋に、感想戦は常に有意義だし、ゲームのあとには必ずやることにしてもいいというのが個人的な意見だ。

no title
トラックバック - http://brettspiel.g.hatena.ne.jp/nemmy/20101229